海外に数週間滞在するなら、楽天モバイルに乗り換えて RAKUTEN UN-LIMIT”海外ローミング”はお得?

楽天モバイルのサービスがスタートしました。私は2013年からずっとOCNモバイルONEを利用してます。理由は自宅の光回線がOCN光なので毎月OCNモバイルONEの月額料金が200円割引されるから。

今は他にも魅力的な格安SIMが数多く存在するであろうことも知っていますが、キャリアの乗り換えが面倒なのと、他社のプランで特に気になる物がなかったからです。

楽天モバイルの売りのひとつ”海外ローミング”(データ通信)

RAKUTEN UN-LIMITも、きっと他社のと同じようなサービスを提供しているだけだとオ思い込んでいましたが、UN-LIMITプランの売りのひとつである海外ローミング(データ通信)について考えてみました。

海外に長期滞在するならどのSIMカードがおすすめ?

私は仕事柄ヨーローッパに数週間単位で出張にいく機会があるので、渡航前にあらかじめ日本のAmazonで海外ローミング用のSIMカードを購入して現地で使っています。

今まで何種類かのSIMカードを試しましたが、イギリスのキャリア、3(Three)の”Internet with legs”というSIMカードが使いやすくて気に入っています。私の場合長期滞在が多いので、アクティベート後90日間有効で12GBのSIMをよく使っています。このタイプで値段が約5000円です。90日間使えると思えば高くありません。

30日間3GBのSIMなら約1700円で買えます。このThree “Internet with legs” SIMはヨーロッパのほとんどの国において4Gでローミングが可能です。(2018年までは3Gでしたが現在は主要都市だと大体4Gでつながる)

“Wifi Calling”という機能を有効化することで一応音声通話も可能ですが電波の状況によっては遅延したり音質が悪かったりもします。

RAKUTEN UN-LIMITとの比較

楽天モバイルUN-LIMITの海外ローミングの説明をあらためてよく読んでみると格安SIMとは思えない良いサービスですね。

  • 毎月2GBのデータが使えて、データを使い切ってしまっても低速ではあるが引き続きローミングできる。
  • 日本で使っている携帯番号へかかってきた電話を海外でも受けることができる。 海外で電話を受けるのは無料

注意点

楽天モバイルのホームページによると、現時点でiPhoneはサポートされていないようです。

ただ、実際はほどんどのiPhoneが楽天モバイルでも使用できるらしいとの情報もありますので、どうしてもiPhoneを使う必要がある場合は契約前に最新情報を確認してください。

まとめ

出張などで海外にいく機会が多く、海外滞在中も日本からの音声通を受ける必要があるのであればRAKUTEN UN-LIMITプランは乗り換えを検討しても良いぐらい魅力的なプラン。

SIMカードを入れ替えることなく、普段日本で利用している携帯電話をそのまま海外で使えて毎月2GBのローミングが無料。音声通話も原則無料。

iPhoneはサポート外のため、契約前に確認が必要。

海外ローミング用SIMならAmazonで購入可能なThree (3)の”Internet with legs”も渡航前に用意しておくという選択肢もおすすめ。滞在期間に応じて数種類のカードが低価格で買えます。



コメント