Anker Nebula Capsule II: 小型プロジェクターのある生活、テレビのない生活

未分類
テレビのない生活から、プロジェクターのある生活へ。

Anker Nebula Capsule II を購入して約半年。プロジェクターのある生活がこんなに楽しいとは思いませんでした。この気持ちは現在もほとんど変わりません。

数年前からうちにテレビはありません。なんの不自由も感じたこともありません。今年の新型肺炎に関するニュースも、去年の台風と大雨のときですら必要なニュースはインターネットからの情報で十分でした。

プロジェクターを購入したいと思った理由は、NetflixやAmazon Prime Videoの映画を大画面で楽しみたかったからです。テレビは大きくて重くて場所をとるし、買い替えた時の処分も面倒だと考えていたので最初から選択肢にありませんでした。

Anker Nebula Capsule II を購入した理由

家庭用の小型プロジェクターを探していたところ、安いものだと1万円前後から買える事がわかりました。この価格帯のプロジェクターはHDMIケーブルなどをスマホに接続して、スマホのミラーリングをするタイプでした。

プロジェクター本体にアプリを内蔵している機種は限られており、私が知っているブランドだとモバイルバッテリーで有名なAnkerだけでした。
AnkerのNebulaシリーズだとGoogleのAndroidが内蔵されているので、プロジェクターにスマホが入っているようなものです。

私は10年以上Apple製品しか使っていなかったので、正直なところAndroid には抵抗がありました。

Android TVを実際に使ってみて

実際に使ってみるとAndroid TVというOSはシンプルで使いやすいです。

付属のリモコンも小さくてよくできています。必要最低限のボタンしかありませんが、もしろこれで正解だと思います。

Anker Nebulaシリーズ専用のリモコンアプリもあります。画面上にマウスを表示させたりキーボード入力ができるのでYoutubeアプリ内で動画検索するときに便利です。

数少ないリモコンボタンの一つが”Google Assistant”です。この機能の音声認識力は本当にすごいです。Amazon AlexaやGoogle Homeのようなスマートスピーカーとほぼ同じ機能です。

この機種ではリモコンに内蔵されている小さなマイクが音声をピックアップしてくれます。こちらからの質問に対してYoutubeの関連動画や、お天気情報などを画面に表示してくれます。

悩んだ末、自立式の50インチスクリーンも一緒に購入しました。やはりスクリーンに投影すると色彩豊かで美しいです。部屋の壁に直接投影しても十分楽しめます。

この機種はコンパクトで持ち運びが自由なので、ほぼどんな壁にでも投影できます。もちろん天井に投影して寝ながら動画も見れます。これが小型プロジェクターの最大の利点です。本体のバッテリーは電源がなくても2時間程度はもちます。

三脚

台形補正とオートフォーカス機能内蔵なので三脚がなくても大丈夫ですが、微妙な投影角度の調整をするときは三脚が重宝します。見た目もすっきりして気に入ってます。私はマンフロットの安いモデルを買いましたがこれで十分です。

明るさ

ほとんど一日中使っていますが、この機種はプロジェクターの投影照度を変更することはできません。

したがって外が明るさに応じて多少画面が暗いと感じることもありますが、私は特に気になりません。

うちでは50インチの自立式プロジェクタースクリーンを使ったり使わなかったりしていますが、壁に直接投影した場合は画面が少し暗く感じます。

*別途アプリをインストールすることによって投影照度を調整できます。後日別の記事でご紹介します。

どんな使い方をしているか

Google Play Storeから、おもしろそうなアプリは一通りインストールして試してみました。プロジェクターのある生活にすっかり慣れた今でも毎日使っているのは動画系アプリです。

  • Youtube
  • Tver
  • Amazon Video
  • Netflix

上記の中でもYoutubeがいちばん使用頻度の高いアプリです。

Youtubeから好きな風景や音楽の動画を見つけて大画面で投影してBGMとして利用することを日常的にしています。食事、家事、読書、仕事をするときの部屋のムードづくりに役立ちます。

例えば暖炉動画ってご存知でしょうか。暖炉の中で薪が燃えるだけの動画なんですが冬の夜に部屋を暗くして、プロジェクターの明かりだけでこの動画を見ながら妻と食事する事があります。なんだか本当に暖炉がそばにあるような錯覚がします。

夏だと、花火の動画や星空の動画もいいですね。プロジェクターならではの大画面で迫力があります。

ドローンで撮影された世界の絶景だとか有名な観光地の動画もいいですね。

好きなアーティストのライブ動画も大画面だと盛り上がります。

何よりもNetflixやAmazon Videoで映画を大画面で家族と一緒に観るとより一層盛り上がります。これは実際体験してみないとわからない感覚だと思います。

音質

音質にはまったく期待していませんでしたが、意外に悪くないです。うちは8畳の部屋で使っていますが、このプロジェクターのサイズを考慮すると音量も音質も十分許容範囲内です。

ただ、うちには3年前に購入したワイヤレススピーカーがあるので、これを生かしたいと思ってBluetoothで音声を接続していた時期がありますが、やめてしまいました。

毎日電源を入れるたびに設定画面からBluetooth接続をする必要があること(Bluetoothスピーカーの自動接続も試してみましたがうまくいかず)、なぜかYoutubeアプリの動画音声が少しだけ音ズレしてしまうこと。Amazon Videoで映画を見ているとフレームレート(1秒あたりのコマ数)が少なくなって、動画がカクカクしてしまう事が時々あったのが理由です。TverとNetflixは特に問題ありませんでした。

現在は有線でミニステレオプラグ(イヤホンプラグ)でプロジェクターと外部スピーカーを接続しています。

まとめ

以上、テレビのない生活を送ってきた私がプロジェクターのある生活に大満足しています。小型でどんな壁(天井)にでも動画を投影できるというのが最大のポイントです。スペースをとらないので邪魔にもならず、作業中BGMや家族と一緒に過ごす時間の雰囲気作りにも役立ちます。ここ最近でいちばん満足度の高い買い物でした。

もっと快適なインターネット環境へNURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

コメント